TEL 06-6790-1701

Q&A

Q. 対応エリアはどのあたりまでですか?

A. 我々はお客様の経理業務の指導を行い、毎月会社を訪問し、経営者と毎月の財務内容を対話することによって財務に強い経営を行ってもらうようにサポートしていきます。システムの導入や運用サポートも行っていきます。その他決算報告や相談などもありますので、電車又は車で片道1時間程度が対応エリアの目安だと思います。現在のお客様は大阪市全域・堺市・松原市・八尾市・東大阪市・藤井寺市・柏原市・藤井寺市・羽曳野市・富田林市などが大半です。大阪府全域・奈良県・兵庫県の一部などは対応可能です。

Q. 経理業務を全て外部に委託したいのですが、経理業務のアウトソーシングはできますか?

A. 記帳業務など経理業務を全て会計事務所に委託したい要望をよくお聞きします。我々は会計業務は会社で行うべきと考えています。業績を日々把握するためには外部に業務を委託したままではできません。毎月、毎日の利益・資金繰りを会社で把握できなければ、戦略的な経営(意思決定)は出来ません。融資や資金繰り・決算対策・経営計画・予実対比などすべてが後手に回ってしまいます。そのため、経理のアウトソーシング・記帳代行などの作業は基本的には受けていません。ただし、会社設立期において経理業務が安定するまでの間はお手伝いさせて頂きます。

Q. 会計ソフトの運用についてサポートはしてくれますか?

A. 会計ソフトの機能が日々発達していく中で会計ソフトは戦略的に使っていく必要があります。我々はTKC会計システムを使ってお客様の会計処理、業績管理をお客様自身が行っていけるようにサポートしていきます。会計ソフトの導入・科目設計から日々の運用操作面についてもサポートさせて頂きます。試算表の作成だけでなく、日々の業績管理を効率的に行うことができるように支援します。お客様のご希望があれば会計ソフトで部門別業績管理や資金繰管理表の作成・業務システムとの連動も可能です。  

Q. 契約外でも相談をすることはできますか?

A. 初回の面談は(当事務所にお越しいただける方)無料で行っております。電話又はお問い合わせフォームよりご連絡 下さい。

Q. 申告書・決算書の作成以外の経営上の相談にのってもらうとはできますか?

A. 我々は決算書を通して会社の業績・資産状況を把握し、それらの情報を経営者に伝え、毎月月次決算が適正に行われていることを確認した後に業績報告を行います。決算書の数字が変動した要因を共有し、今後の対策の話をします。毎月経営者への業績報告の中で今直面している問題についても親身に相談にのります。

Q. 銀行融資の相談にはのってもらえますか?

A. 資金繰りは会社において非常に重要です。資金がなくなれば会社は存続できません。銀行融資の相談はもちろんさせて頂きます。5カ年のキャッシュフロー計画を立て、戦略的に融資を行えるように支援します。

Q. 会社の経営計画を数値化したいのですが可能ですか?

A. 経営者の頭の中には会社の未来予想図はあるものの、それを言葉や数値に落とし込みが出来ていない場合があります。特に中小・零細企業においては経営計画や経営戦略の担当をつけることは難しく、計画策定が実現できません。我々は会計ソフトと連動させた経営計画策定ソフトを使って、経営者からのヒアリングの上、単年度(1年)及び中期(5年)経営計画を策定します。策定した計画と実績と比較する業績検討会を行っている場合もあります。策定した計画書は社内の経営戦略会議で活用する他、金融機関に対してで自社の見通しや方向性について報告を行うこともあります。